東京都人権啓発センター

ここから本文です

人権研修 講師出講のご案内

 21世紀は「人権の世紀」と言われており、法制度の整備をはじめ、日本でも様々な取組が行われています。
 企業・団体の活動は、ISO26000に謳われているとおり、社会から信頼を得なければ成り立ちません。また2015年に国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)では、2030年を期限とした国際目標で、17のゴールと169のターゲットから構成され、「人権尊重」を大きな柱としています。
 そのため、企業・団体は、日頃から従業員の人権意識を高めるための取組をする必要があります。一方、「必要な知識やスキルを持った人材がいない」、「業務が多忙で手が回らない」といった理由から、人権研修の実施が難しい企業・団体が少なくありません。当センターはそのような企業・団体の人権研修をしっかりサポートします。

研修の内容

など

 上記内容はあくまで参考例です。実施の際はご要望に応じてアレンジいたします。
また、座学のみの研修ではなく、グループ討議やロールプレイングといった手法等も取り入れています。
写真:研修を受ける受講生写真:聴講風景

講師

研修時間

 1講義2時間を原則としますが、2時間未満についても受け付けますので、ご相談ください。

研修料金(令和2年4月1日改定)

1回の研修時間が1時間以内の研修:
18,000円(税別)
1回の研修時間が1時間を超える研修:
1時間 16,000円(税別)
人数割増:
1回の研修につき、受講者が200名以上となる場合は、料金は10割増になります。

お手続きの流れ

1 事前相談

研修実施予定日の2か月前を目安に事務局宛ご連絡ください。

ご相談の際は、次の内容をお伝えください。

  • 研修テーマ
  • 実施予定日時、場所
  • 参加人数
  • 団体名、ご担当者名、ご連絡先
  • その他(講師の指名、内容に関するご要望等)
2 講師とのマッチング

事務局からお客様への講師決定の連絡後、お客様から講師に直接ご連絡いただきます。その後はお客様と講師とで研修の内容や段取り等について具体的な打合せをしていただきます。

3 申込書の提出

当センターのホームページに掲載している申込書(PDFまたはExcel)を、研修実施日の1か月前を目安に事務局宛ご提出ください。

申込書様式

4 講師出講(研修当日)
5 ご請求

出講後、請求書を送付いたします。お支払方法は銀行振込となります。(振込手数料はお客様にご負担いただきます。)

研修実績

 当事業は、民間企業や官公庁からの依頼を中心に、年間300回以上の研修を実施しております。
これまで、企業や行政において、人事・労務や人権教育の分野での経験を積み重ねてきた当センター講師による研修は、多くの企業・団体において、評価を頂いております。

平成30年度実績

出講団体数:
166団体
出講回数:
359回

お問い合わせ・お申し込み先

このページの先頭に戻る