東京都人権啓発センター

ここから本文です

連続講座

【一般の方向け】

人権連続講座2020 ~オリンピック・パラリンピックに向けて~の開催について

 オリンピックはもともと、スポーツを通した人間育成と世界や平和のために誕生した祭典で、人権と深い関わりがあり、「オリンピック憲章」の根本原則には、人権の尊重が謳われています。また、様々な障害のあるアスリートたちが限界に挑むパラリンピックは、人間の多様性を認め、共生社会を具現化するための重要な契機となるものです。
 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に際して、オリンピック・パラリンピックと私たちの社会との関わりやそのレガシー等について、人権の視点から考える人権連続講座を開催します。

実施内容(各回のテーマ)

  1. 第1回 「スポーツと共生社会」
  2. 第2回 「「見えないスポーツ図鑑」体験会」
  3. 第3回 「希望の義足 ~ルワンダの復興とパラリンピックへの道~」
  4. 第4回 「スポーツが与える『生きる力』」
  5. 第5回 「スポーツ漫画の系譜学」
  6. 第6回 「人権教育・人権啓発の現状と課題」

(注)日時等は、「人権連続講座2020 ~オリンピック・パラリンピックに向けて~ 実施内容(予定)(PDF形式 181KB)」参照

参加方法

各回とも要事前申込み。参加無料。

各回の申込開始時期等

  1. 外部サイトへ移動します第1回 「スポーツと共生社会」(この講座は終了しました。)
  2. 外部サイトへ移動します第2回 「「見えないスポーツ図鑑」体験会」(この講座は中止となりました。)
  3. 第3回 「希望の義足 ~ルワンダの復興とパラリンピックへの道~」
  4. 外部サイトへ移動します第4回 「スポーツが与える『生きる力』」
  5. 外部サイトへ移動します第5回 「スポーツ漫画の系譜学」
  6. (注)第6回は詳細が決まり次第掲載いたします。

その他

手話通訳あり。託児保育(要事前申込み。詳細はお問合せください。)

【区市町村、企業の方向け】

令和2年度「区市町村と企業の人権実務担当者向け連続講座」の開講について

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、全ての都民が正しい人権感覚や知識を身に付けることは、次代への重要なレガシーとなります。このため、当財団がこれまで培ってきた人権に関する研修や講座運営に係る知見を活用し、主に中堅クラスの行政職員、企業(主に中小企業)の担当者を対象として、専門的・体系的に人権の知識を提供する連続講座を開講します。

開講日

区市町村と企業の人権実務担当者向け連続講座(第1回及び第2回)延期のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、第1回「職場と人権」及び第2回「東京都の人権施策について」を以下のとおり延期いたします。

第1回「職場と人権」
5月15日(金)を7月3日(金)に延期
(注)時間の変更はありません。
第2回「東京都の人権施策について」
6月19日(金)を延期
(注)延期後の日程は調整中です。決定次第、本ホームページでお知らせします。

 本講座は、2020年7月3日(金)第1回「職場と人権」が初回となります。
 大変申し訳ありませんが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

(注)今後の状況によっては、延期または中止になる可能性があります。その際は、改めて本ホームページでお知らせします。

2020年7月3日(以降、原則として毎月1回定期開催)
詳細はシラバス(PDF形式:1,227KB)をご参照ください。

会場

東京都人権プラザ 1階 セミナールーム
港区芝2-5-6 芝256スクエアビル 1階
外部サイトへ移動しますhttps://www.tokyo-hrp.jp/info/access_main.html

受講人数

各回80名程度

受講料

無料

主な受講対象者

事前に年間登録していただいた区市町村、企業、東京都及び政策連携団体等の担当者(主に職務上、人権に関する知識・情報を必要とされる方を対象とします)。
(注)団体単位での受付としておりますので、個人の方の申込みはできません。

団体の窓口担当者様用 申込受付フォーム

このページの先頭に戻る