東京都人権啓発センター

TOKYO人権 第60号(平成25年11月22日発行)

コラム

ここから本文です

視覚障害者に配慮された街とは 「ことばの道案内」で目的地まで安全にナビゲート

映画を見に行きたくても、いつもと違う病院に行きたいと思っても、多くの視覚障害者は一人ではすぐに外出できません。単独での外出を手助けするために整備が進む“ことばの道案内”をご紹介します。

写真:携帯電話を利用している様子

携帯電話の読み上げ機能で道案内を聞く

写真:ロードカウンター機器

「ロードカウンター」で距離を正確に計測する

 「改札口を背にして構内を正面12時の方向へ13メートルほどすすむと、点字ブロックの分岐があります」

 これは、JR新宿駅西口改札から東京都庁までの「ことばの道案内」の冒頭部分です。ウォーキングナビというホームページには、このような携帯電話の読み上げ機能で聞くことができる文字による道案内情報が掲載されています。

 この、いわば「言葉の地図」を制作するのは、認定NPO法人ことばの道案内です。発案者で理事長の古矢利夫(ふるやとしお)さんは、二十数年前の40代のとき、網膜色素変性症で失明しました。経営していた税理士事務所の将来を案じて精神的に落ち込み、外を歩くことも怖くなって家に閉じこもるようになります。そんなある日、思い切って自宅近くの神社に一人で出かけたそうです。ほんのわずかな距離ですが、なんとかたどり着いたとき古矢さんが感じたのは「大きな解放感」でした。「自分の意志で好きな所へ、好きなときに行く。人としてのプライドを取り戻した気がしました」(古矢さん)。

顔写真

古矢 利夫さん

 目が不自由でも、一人で外を歩くにはどうしたらよいか。そのヒントを得たのは、古矢さんが視覚障害者のためのパソコン教室を開いた時でした。視覚障害者は容易に教室に通えないため、当初は生徒の自宅を訪問していましたが、あるとき、最寄り駅から教室までの道のりを音声情報でホームページにアップしたところ、教室に来る人が増え「一人で来られた」と喜ばれるようになったのです。

 視覚障害者が単独歩行できないのは、視覚によるさまざまな情報が得られないからです。そこで、歩くために必要な情報が視覚障害者にとって適切に提供されれば、白杖(はくじょう)や点字ブロックなどを頼りに、一人で歩くことを実現できるのです。

 「多くの場合、外出時に人を頼らなければならない視覚障害者は、自分という存在に自信が持てず苦痛なのです」と古矢さんは話します。外出は自立の第一歩になると考えた古矢さんは、2004年、ことばの道案内を設立しました。

写真:路上調査中

ルートを入念に調査しながら、道案内を作成する

 古矢さんが制作時に大切にしているのは、当事者と晴眼者が一緒に現場を歩いて調査をすることです。異なるメンバーで3回調査を行い、地図の表現について議論を重ねます。道案内には、距離や点字ブロックの敷設状況などの他に、かすかに機械音がする自動販売機や特有のにおいがある喫茶店や薬局など、周囲の状況を把握するのに役立つ参考情報を加えます。さらに段差の有無、「通行人が入り乱れています」などの注意を促す情報も盛り込んでいます。こうして作られた道案内は、首都圏の公共施設を中心に全国1,592ルートに増えました。

 最近では点字ブロックへIC(超小型電子回路)タグを埋め込んで、この点字ブロックに近づくと、携帯電話から案内音声が流れるシステムを開発し設置を進めています。

 古矢さんは、視覚障害者が外出すれば健常者とのコミュニケーションが生まれると期待します。双方が理解し合えれば、視覚障害者が一人でも歩きやすい配慮された街へと少しずつ変わっていくでしょう。

インタビュー/林 勝一(東京都人権啓発センター 専門員
編集/小松 亜子

ロゴ

認定NPO法人 ことばの道案内

(注)文字による東京都人権プラザへのご案内を制作していただきました。 外部サイトへ移動します「ことばの道案内」

制作の様子はレポート記事をご覧ください。

このページの先頭に戻る