東京都人権啓発センター

TOKYO人権 第34号(平成19年6月15日発行)

リレーTalk

ここから本文です

乳がん手術後の女性を支援する

写真:磯部久子さ

株式会社KEA工房 ボディーケア担当
磯部久子さん

近年、乳がんの発症率が高まっています。割合が多いのは30〜50代、職場でも家庭でも働き盛りの世代です。早期の発見・治療については社会的にも認知されつつありますが、手術後のケアの必要性はまだまだ知られていません。患部の摘出を受けた場合、体型の変化から精神的にダメージを受け、引きこもってしまうことも少なくありません。これは社会復帰をする上で、女性にとって深刻な問題です。そこで、ブレスト(胸部)ケア製品の販売・開発をはじめ、手術後の症状緩和ケアなどさまざまな面からサポートする「KEA工房」の磯部さんに、同社が取り組む活動についてうかがいました。

 14年前、会社の一部門として女性下着の専門店を始めました。下着はデザインが美しいことがとても重要ですから、我が社もそういった商品を多数扱っています。しかし“専門店”であるならば、見た目だけではなく、着け心地が良くてアレルギー体質の方でも安心できるものもそろえておくべきだと。私自身が敏感肌で下着選びにとても困っていましたから、乳がんの患者さんはさぞお困りだろうと容易に想像できたんです。

  手術後の下着やブレストフォーム(人工乳房)を扱うことになり、そのカタログを病院に置かせていただく営業を始めたのですが…最初は本当に反応が冷たかったですね。あの頃はまだ、患者さんが手術後により良い生活を送ることなどあまり考えられていなかったんでしょう。状況が変わってきたのはここ3〜4年でしょうか。乳がんについてマスコミでもたくさん報道されるようになりましたし、患者さん方も患者会を結成したりと、ずいぶんオープンでポジティブになりました。それにつれて医療側の対応も変わってきたように思います。

  手術後の下着はそれまでにもありましたが、見た目も手術後のデリケートな肌への配慮も不十分なものでした。そこで、患者さんやお医者さん看護師さんのご意見ご要望をお聞きしながら、見た目も良く使いやすさや着け心地にも工夫をこらしたものを自社で開発するようになりました。そして3年前に南青山のお店に専用のフロアをオープンさせました。お店は完全予約制で、専任の女性スタッフがお客様のご希望をうかがって入念にフィッティングいたします。

  患者さんやお医者さんとのおつきあいの中で、手術後におこる“リンパ浮腫”のケアがとても大変だということを知りました。これは、患部とともにリンパ節を切除するためにリンパ液の流れが滞って身体がむくむ症状です。この症状を緩和するために、専用のスリーブやストッキングで腕や脚を強く圧迫するのですが、それが関節の裏に食い込んでとても痛いそうです。そこで患者さんのご意見をうかがって何度も試作し、圧迫による痛みをやわらげる補助パットを開発しました。これは都内の授産施設の障害者の方々に作っていただいています。その施設の方々も、患者さんがとても喜んでいることを伝えると、すごく嬉しそうにしてくださいますよ。

  さらに、2年前からリンパ浮腫を緩和するセルフマッサージの講習会も始めました。症状がかなり深刻であるにもかかわらず保険適用の対象外であるため、病院では治療してくれるところが少ないのです。そこで専門のセラピストをお招きし、少人数制で、それぞれの方に合った方法を教授していただいています。

  また最近では、これまでに得てきたノウハウを生かして、女性に限らず男性の患者さん用のものですとか、人工肛門をつける手術を受けた方のための下着の加工も対応させていただいています。

 写真:室内の様子当社のボディケア事業はお客様から高い評価をいただいており、徐々に広がってきています。しかし、お客様の絶対数が少ないので、採算はとれにくい。こういった事業をおこなう企業が他にほとんど無いのはこのためです。けれども、お客様に本当に必要とされる事業をおこなっていることが我が社の自負と喜びになっています。ですからボディケア事業は我が社にとって非常に重要な一部門なんです。

  今後は後継者を育ててこの事業を引き継ぐことが課題です。利益追求ばかりではなく顧客満足度の高い仕事をこれからも続けていきたいと思っています。

  「乳がんの患者さんを支援する」などと言うとたいそう偉そうですが…どのお客様にも、手術を受ける前と同じように、いえ、それ以上におしゃれを楽しめる、そんなQOL(クオリティオブライフ)の高い生活を送ってほしい。それがわたしの願いです。

ボディケアについてのお問い合わせ先

株式会社KEA工房 外部サイトへ移動しますhttp://www.nyugan-kea.com

青山店
電話:03-5775-1161 ファックス:03-5775-1174 e-mail:info@nyugan-kea.com

横浜店 【2007年1月5日 NEW OPEN】
電話:045-227-8205 ファックス:045-227-8213 e-mail:yokohama@kea-kobo.com

このページの先頭に戻る