東京都人権啓発センター

TOKYO人権 第14号(平成14年6月24日発行)

特集

ここから本文です

「東京都人権プラザへ行こう!」 ~みんなの修学旅行体験記~

フロア平面図

「人権ってなんだろう?」

「どんな差別や偏見があるの?」

それぞれ素朴な疑問を持ってやってきた滋賀県長浜市立西中学校のみなさんに、見学後の感想を聞きました。

見学風景

クローズアップ人権

見学風景

ここでは最近テレビや新聞などでよく取り上げられて話題になっている人権問題に焦点を当てて、資料やパネルの展示を行っています。ちなみに現在のテーマは「ハンセン病」です。

みんなのひとこと

  • テレビや新聞などでハンセン病のことは知っていましたが、こんなにひどいものだとは知らなかったので驚きました。
  • 同じ人間なのに国にひどいことをされてきたことを知って許せないと思いました。

アイヌの人々

アイヌ民族の文化

「言」「衣」「食」「住」「祈」の5つのテーマに分けて、アイヌ民族の文化を紹介しています。

みんなのひとこと

  • アイヌ民族の言葉が知りたかったので、アイヌ語の発音のし方が展示されてあったのが良かったです。
  • いままでに見たどんな資料よりも詳しく書いてあってとても勉強になりました。

人権の絵本コーナー

見学風景

このコーナーではさまざまな人権課題を扱った内容の絵本を展示しています。

みんなのひとこと

  • 知っている本があったのでもういちど読んでみたら、前はあまりよく分からなかった人権のことについて、あらためて深く考えさせられました。
  • 障害を持って生まれた人とその友達が、一緒になって明るく生きているという話に

こころのメッセージ

バリア体験コーナー

15歳〜18歳のみなさんから寄せられた人権に関するメッセージをはじめ、芸術やスポーツなどの各分野で活躍している人たちから若い人たちへ贈られた人権メッセージを紹介しています。

みんなのひとこと

  • 「夢を実現しよう」というジャイアンツの松井選手のメッセージが励みになりました。
  • 高校生の人たちの「みんな一人ぼっちじゃないんだ」っていうメッセージが印象に残りました。

バリア体験コーナー

車椅子に乗ったり点字に触れてみたりして、障害を持つ人や高齢者が日常生活の中で感じている障壁(バリア)を実際に体験してみるコーナーです。

みんなのひとこと

  • 車椅子コーナーでは、車椅子を利用している人たちは本当に大変なんだなっていうことを身をもって知ることができました。
  • テレホンカードには目の不自由な方たちのために凹みが作られていると知ってびっくりしました。

見学を終えて

男の子僕はここに来て、ますます差別をしてはいけないなと思いました。機会があれば、自分でもっと詳しく調べてみたいし、調べたことをみんなにも教えてあげたいと思います。

女の子私はスポーツをしてケガをした時、人に助けてもらいながら学校に行っていた時期がありました。でもここに来て、反対に私は人の助けになるようなことができていたのかどうかと考えさせられました。これからは、もっと人になにかできないものかということを自分で考えて探していきたいと思います。

女の子いろいろな展示や体験コーナーがあって、肌で感じられたところが良かったです。説明もたいへん分かりやすくて勉強になりました。

男の子日本には僕たちが知らない差別や人権に関する問題がたくさんあるんだなと思いました。また、体の不自由な人の苦労を体験することもできたので、とても勉強になりました。

女の子最初はあまり人権のことについては関心がなかったけれど、今日ここに来ていろいろ勉強になることが多かったので、もっと人権について知りたいと思うようになりました。また時間のある時に、ゆっくり見学に来たいです。

男の子やはり差別は最低だと思いました。僕はここに来て、「差別にはこんなものもあるのか」ということに驚きました。もっともっとこういう施設を増やして、差別のない未来になってほしいです。

このページの先頭に戻る