TOKYO人権 第43号(平成21年9月9日発行)

特集 「ホームレス」襲撃事件は子どもたちの“いじめの連鎖”

1983(昭和58)年の「横浜浮浪者殺傷事件」を発端に、現在も子どもや若者たちによる「ホームレス」襲撃事件は全国各地で起きています。東京都でも今年2月と5月、連続して江戸川区内で中学生による襲撃事件が発生。世間では加害者の残虐性ばかりにスポットが当たる中、野宿者と子どもたち双方の視点から現代社会の闇に光を当てて「ホームレス問題」に取り組むルポライターの北村年子(きたむらとしこ)さんに、お話をうかがいました。

自分を肯定できない「生きづらさ」が「いじめ・襲撃」を生む

PROFILE
顔写真

北村年子さん

1962年、滋賀県生まれ。ルポライター、ノンフィクション作家。
1987年、デビュー作『少女宣言』(長征社)が話題を呼ぶ。以後、女性・子ども・ジェンダーをおもなテーマに取材・執筆活動を進め、近年は「いじめ」「野宿者問題」についての講演や、虐待防止・子育て支援のセミナー、自己尊重ワークショップなども精力的に行っている。
2008年、「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」を呼びかけ、共同代表となって立ち上げる。著書に『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち』(太郎次郎社エディタス)、『おかあさんがもっと自分を好きになる本』(学陽書房)、『子どもを認める「ほめ方・叱り方」』(PHP研究所)、編著に『10代の言い分』(至文堂)など。
質問どうして「ホームレス」の問題に深くかかわることになったのですか?

子どもや女性の人権問題にかかわってきた私が、1997(平成9)年に『大阪・道頓堀川「ホームレス」襲撃事件』を上梓した後、読者の方々から「なぜそこまでホームレス襲撃事件にこだわるのか?」「野宿者の命を守る支援活動をしているのに、なぜ襲撃の加害者にもかかわるのか?」という声をたくさんいただきました。

23年前、私が中野区の中学生・鹿川くんのいじめ自殺事件を取材し、その後、10代少女200人へのインタビュー集『少女宣言』を書きあげた時は、私自身「元・子ども」「元・少女」としての明確な当事者性がありました。

でも、私の中にずっとだれにも言えなかった、もう一つの当事者性がありました。それは、私が父を自殺で亡くした自死遺児だったということ。子どものいじめ自殺をなくしたいと活動してきたのも『少女宣言』を書いたのも、身近な人を失った被害者の立場として、「もうだれも死なないで」という痛切な思いがあったからです。

その後、日本最大の日雇い労働者の街・大阪の釜ヶ崎に呼ばれて行ったのが、野宿の人たちとの最初の出会いです。いま振り返ると私は、そのドヤ街で出会う野宿のおじさんたちに、「死なないで、どんな状態でもいい、生きててほしい」と、無意識に父の姿を重ねながら支援活動をしていたんだと思います。

私が小学6年の夏、父は過労から腎臓を患って入院することになりました。でも、「病院はいやや」と言って、勝手に自己退院してきてしまう。なんで?と当時はわからなかったのですが、父は心の病、うつを抱えていたのでしょう。でも、当時の私は父の弱さを受け入れることができず、毎日部屋の隅でゴロゴロしている姿にいらだちました。そして「逃げてる」「甘えてる」「もっと頑張れ」と、世間が野宿者を見るように、父を責めていたんだと思います。

ある日、父がふと「もう死にたい」と弱音をもらした時、私は「そんなに死にたいんやったら死んだらいい」って言ってしまったんですね。それから数週間後、父は住んでいた団地の踊り場から身を投げて命を絶ちました。
 まさか本当に、父が逝ってしまうとは思わなかった。どうしてあの時、「そうか、しんどいんやね。かまへんよ。生きててくれればいいよ」と言ってあげられなかったのか。「父を死の底へ突き落としたのは私だ」と、思いました。

結局、私がホームレスの人を殺めてしまった若者にかかわろうとするのも、私もまた過ちを犯した人間だと思って生きてきたからです。私の中に加害者と被害者、両方の自分がいたから、いじめや襲撃の加害者となった少年たちを責められなかった。私も同じ、私も間違ったよ、と。そして、父には言いたくても言えなかったこと、してあげられなかったことを、野宿のおじさんたちにさせてもらっていたんだと思います。

質問なぜ若者たちは「ホームレス」の人たちを襲うのでしょうか?

1995年に大阪・道頓堀で63歳の野宿者が24歳の若者に川に落とされて亡くなりました。でも、加害者の青年(通称「ゼロ」)はだれよりも野宿者に親切に接していたと、彼の仲間たちは言う。そんな心優しかったはずの若者が、なぜ豹変してしまったのか? 取材や裁判で明らかになったのは、彼もまた発作性の持病のために、ずっと学校でいじめられ、社会でも就労差別にあい、安心できる居場所がなかったこと。そこには弱い者が、さらに弱い者を攻撃するという「いじめの連鎖」の構図がありました。

暴力は、怒りの爆発です。怒りというのは二次感情だから、その根っこには必ず一次感情がある。それは言葉にならないモヤモヤとした感情やストレスです。「つらい」「寂しい」「苦しい」といったマイナス感情を安心して言葉にできず、「頑張らなくちゃいけない」「こんなんじゃダメだ」と抑圧するなかで、表に出てきた時には「イラつく」「ムカつく」と、怒りになる。この感情の爆発が暴力であり、それが弱い者へと向かうのがいじめであり、襲撃です。

もちろん、暴力は許されることではありませんが、加害者自身も過去のある時点で、必ず痛みの被害者となっています。だから一次感情の「心の声」を聞き、「つらい心」を受け止めてあげない限り、怒りを解消することはできないし、どんな人権教育をしたところで、いじめや襲撃はなくせません。ゼロくんたち加害者との出会いは、そんなことを私に教えてくれました。

不完全な自己を受け入れ命の尊さを理解する「自尊感情」

質問「いじめの連鎖」を断ち切るために何が必要なのでしょうか?

ゼロくんはまだ自分に余裕があった時、野宿者のおじさんたちに食べ物を分け与え、「しんどいけど頑張ろうな」と励ましていた。でも、仕事がなくなり、いくら面接へ行っても断わられるなかで「どうせ自分はダメなんだ」と自己否定し、自傷行為に走りました。それは「自尊感情(自己尊重感)」が、まさにゼロに等しい状態。その抑圧された怒りが限界を超えた時、自分とよく似た社会的弱者の野宿者へと、怒りの衝動が向かったのです。

いじめる側の心理をこう語ってくれた男の子がいました。「ぼくがいじめたくなるのは、いつも自分がつらいときでした。自分に価値があると思えないから、だれかを否定して攻撃することで、自分はましだと思いたくなります」と。彼もまた学校でずっといじめられてきた子でした。つまり、ありのままの自分を認められない、自分の価値がわからない、自分を大事に思えない「つらい心」が新たな暴力を生みだしている。

だからこそ“いじめの連鎖”を断つためには、格差・競争社会の変革とともに、個々の「自尊感情」を高めることが大切だと気づかされました。だれが何と言おうと、自分には価値があると思えるのが真の「自己尊重」です。それは他者に対して優越感を持つ尊大な「自尊心」とは違います。不完全な自分をあるがままに受け入れ、許し、弱い自分も含めて受容する。そして他人の尊厳も同じように大切にする「I am OK, You are OK.」という等価の精神が、すべての命は等しく尊いという認識につながっていくのです。

いじめや襲撃という「不幸な出会い」を希望ある出会いへと変える

質問「ホームレス問題」を考えるための教育活動について話してください。

釜ヶ崎の民間の児童館「こどもの里」では、一月から三月までの毎週末、幼児から中高生の子どもたちが、野宿者におにぎりや毛布を配りながら話をする「子ども夜まわり」をしています。子どもたちは、野宿の人たちの凍てついた心も魔法のように溶かすんです。大人の私たちが声をかけても「放っといてくれ」と自暴自棄になっている人も、子どもたちの言葉には涙を流したり「ありがとう」と言ってくれる。そして何度も会話するうちに、子どもは野宿にいたった人たちそれぞれの過酷な背景や物語を知る。「おっちゃんたちは、悪い人でも怖い人でもない。怠けてたわけでもない。一生懸命働いてきたけれど、怪我や病気やリストラ、いろんな理由で働けなくなって社会から切り捨てられた」。

野宿の人たちと直接ふれあって学ぶ生きた情報、実体験ですから、どんな授業より、どんな書物より、はるかに得るものが大きいでしょう。

ところが、夜まわりをしていた子が、襲撃グループに加わり、補導される事件がありました。「なんで?」と非常にショックでしたが、話を聞くと、その子も学校でいじめられたり、貧困や家庭のしんどさを抱えていたそうです。いくらホームレスの人たちの事情や背景を理解している優しい子でも、いじめられたり、抑圧されたりする中で、襲撃事件の加害者となり得る。あらためて、私たち大人が、子どもたちのつらさを受けとめる「ホーム」となり、自尊感情を守り育てることの大切さを思い知らされました。

2008年の春、有志の仲間と「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」を発足させ、いま各地の学校現場で「ホームレス問題の授業」を展開しています。釜ヶ崎の「子ども夜まわり」をモデルにしながら、子どもたちと野宿者とが直接出会う場を設けて、お互いに理解し、人の命や人権を尊重するための学習を行います。

休むことを許されず競争を強いられ、受験や格差社会の中で追いつめられているいまの子どもたちは、たとえ住む家はあっても、学校でも家庭でも「ホーム・レス」です。「ホーム」とは、心が安心して帰ることのできる、ありのままの自分を受け入れてもらえる居場所のこと。私たちが本当に目指すものは、「ホームレス問題の授業」を通した“ホームづくり”です。

また、襲撃事件がくり返されるのは、大人たち自身の「ホームレス」への差別や偏見、排除と無関心が最大最悪の要因であり、その意識が子どもたちに反映しています。大切な子どもたちを被害者にも加害者にもしないためには、まず大人たちが自らの差別意識を問い直し、変わっていく必要があります。そして親でなくても教師でなくても、私たち一人一人が出会う子どもたちの「ホーム」になれるよう願っています。

文 山川英次郎

教材DVD ホームレス問題の授業 教材DVD

「ホームレス」と出会う子どもたち

なぜ若者や子どもによる「ホームレス」襲撃が起きるのか?大阪・釜ヶ崎の「子ども夜まわり」の活動を軸に、野宿者と出会う子どもたちの変化、ホームレス生活を送る人びとの仕事や暮らし、その思いに迫る。

本編30分/応用編45分(予定)
予価:2800円(税込・送料別)
11月中旬発売
お問い合わせ先:
メール:net@class-homeless.sakura.ne.jp
電話・ファックス: 06-6645-7778(こどもの里)
ホームレス問題の授業づくり全国ネット
http://class-homeless.sakura.ne.jp/


冊子表紙 北村年子 著

「ホームレス」襲撃事件と子どもたち
いじめの連鎖を断つために

「道頓堀事件」から14年。子どもたちによる「ホームレス」襲撃はやまない。ときに命さえ奪う弱者嫌悪の根源に迫り続けたルポ。前著に大幅加筆した完全保存版。

太郎次郎社エディタス
定価=2,200円+税


ページの先頭へもどる

 
公益財団法人 東京都人権啓発センター  当センターへのお問い合せ
〒111-0023 東京都台東区橋場一丁目1番6号 電話:03-3876-5371 FAX:03-3874-8346

Copyright(C)2011 Tokyo Metropolitan Human Rights Promotion Center. All rights reserved.