東京都人権啓発センター

平成30年度人権啓発行事

ここから本文です

世界人権宣言70周年 人権コンサート2018「世界の名曲 日本の名曲」 朗読・トークとともに

本行事の受付は定員に達しました。多数のお申し込みをいただき誠にありがとうございました。

 公益財団法人東京都人権啓発センターでは、本年が世界人権宣言の国連総会における採択から70年になることを記念し、都民の皆様に人権について考えていただくためのコンサート行事を開催いたします。日本を代表するバイオリニストである天満敦子さんが奏でる世界の名曲と日本の名曲を、また山根基世さんによる世界人権宣言の朗読をお聞きいただき、さらには、窪島誠一郎さんを交えたトークをお楽しみいただきます。
 このコンサートを通じて、悲惨な戦争、抑圧された人権という「過去」に思いをはせ、「いま」私たちが大切に守り、育てていくべきことは何かを、ご参加いただく方々とともに考えてみたいと思います。

チラシ

おもて面(PDF形式:382KB)

うら面(PDF形式:424KB)

日時

2018年11月8日(木)
19時00分開演(開場18時15分)
(20時45分終了予定)

会場

外部サイトへ移動します浜離宮朝日ホール 音楽ホール
中央区築地5-3-2
http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/access/

出演者

天満敦子(てんま・あつこ) バイオリン

勝呂真也(すぐろ・まや) ピアノ

山根基世(やまね・もとよ) 朗読・トーク

窪島誠一郎(くぼしま・せいいちろう) トーク

演奏曲(一部)

鳥の歌

トロイメライ

タイスの瞑想曲

望郷のバラード

五木の子守唄

落葉松

定員

550名(申込先着順)
(注)託児あり(要事前申込)、情報保障はお問い合わせ下さい。

参加費

無料(事前申込が必要です)

主催

公益財団法人 東京都人権啓発センター

後援

東京都、東京都人権擁護委員連合会、東京人権啓発企業連絡会

お問い合わせ・申込方法

電話、ファックス、Eメール、郵便でお申し込みください。1件につき2名まで。

(注)ファックス・Eメールでお申し込みの場合は、件名に「人権コンサート2018」と記入し、(1)お名前、(2)参加人数(2名まで)、(3)ご連絡先(電話番号等)、(4)入場券の送り先住所、を明記の上、お送りください。

(注)お申し込み人数分の入場券をお送りしますので、送り先ご住所は必ずご記入ください。

(注)Eメールの場合は、『アットマーク』の部分を半角英数字の @ に変更して送信してください。
当センターでは上記のような方法でスパムメール対策をおこなっています。また、お送りいただいたEメールのウィルス感染等の理由により、お返事できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

(注)お申し込みは先着順でお受けします。定員に達し次第締め切らせていただきます。
なお、ご提供いただいた個人情報は、今回の申込手続き以外使用いたしません。

申込締切

2018年10月26日(木)必着

出演者プロフィール

天満敦子(てんま・あつこ)

写真:天満敦子さん

東邦音楽大学大学院教授。東京藝術大学大学院修了。海野義雄、故レオニード・コーガンらに師事。在学中に日本音楽コンクール第1位。ロン=ティボー国際コンクール特別銀賞等を受賞。1993年にルーマニアの夭折の作曲家ポルムベスクの「望郷のバラード」を日本に紹介。「Balada(望郷のバラード)」(キングレコード・2003年)ほか多数のCD、DVDを発売。自伝的エッセイ『わが心の歌 望郷のバラード』(文芸春秋・2000年)。愛器はストラディヴァリウス晩年の名作。弓は伝説の巨匠イザイ遺愛の名弓。

窪島誠一郎(くぼしま・せいいちろう)

写真:窪島誠一郎さん

「無言館」「信濃デッサン館」各館主。作家。1941年、東京生まれ。印刷工、酒場経営などを経て、1964年、小劇場「キッド・アイラック・ホール」を設立。1979年、夭折画家の作品を展示する「信濃デッサン館」を設立。1997年、戦没画学生慰霊美術館「無言館」を設立、その活動は野見山暁治(画家)とともに、2005年、菊池寛賞を受賞した。著書に『父への手紙』(筑摩書房)、『「無言館」の坂道』(平凡社)ほか多数。2016年、「無言館」は平和活動への貢献にあたえられる第一回「澄和フィーチュアリスト賞」を受賞。

山根基世(やまね・もとよ)

写真:山根基世さん

アナウンサー。1948年山口県生まれ。早稲田大学卒業後、NHKに入局。2005年、女性として初のアナウンス室長。NHK退職後、朗読を手がかりに地域の人々を繋ぎ、皆で子どもを育てる仕組みを作る等、様々な活動を行っている。2000年放送文化基金賞、09年徳川夢声市民賞。TOKYO FM「感じて、漢字の世界」(毎週土曜日 JFN38局ネット)ほか放送中。学校法人順心広尾学園理事。著書に『ちっちゃな木のおはなし』 (翻訳・評論社・2017)『山根基世の朗読読本』(評論社・2015)ほか。

勝呂真也(すぐろ・まや)

写真:勝呂真也さん

国立音楽大学ピアノ科卒。横井正子、池澤幹男、阿部富美子らに師事。1997年、クイーンエリザベス2ワールドクルーズ・オフィシャルコンサートで古澤巌と共演。99年からグローバル・カルチャーサロン、フィランソロピープロジェクトのコンサートに定期出演。国内外でヴァイオリンの天満敦子、古澤巌、チェロのルドヴィート・カンタ、クリストフ・ボー、二胡の許可らと共演し、好評を博している。

このページの先頭に戻る