東京都人権啓発センター

ここから本文です

平成26年度「就職差別解消促進月間」のお知らせ

なくそう就職差別、問われる企業と社会の人権感覚

仕事は、生活の安定や労働を通じた社会参加など、人間が幸せに生きていくうえで基本となるものであり、採用選考は応募者の適性と能力に基づき公正に行われなければなりません。
しかしながら、就職差別につながるおそれの強い身元調査事件や、面接時に本籍地や思想・信条等を聞く事例があります。東京都では、6月を「就職差別解消促進月間」とし、就職差別をなくし就職の機会均等を確保するため、東京労働局及びハローワーク等と連携して啓発活動を展開します。
この機会に、就職差別など企業内における人権問題について、ぜひ一緒に考えてみませんか。

人権啓発映画会

日時
2014年6月10日(火)
13時30分開会(13時00分開場、16時20分終了予定)
会場
台東区生涯学習センター ミレニアムホール(台東区西浅草3-25-16)
(注)会場へのアクセスはチラシうら(PDF形式:576KB)をご覧ください。
上映作品
(1)「みんなで語ろう! 公正な採用選考」(2013年、東映)
公正採用選考をテーマにした解説作品。3つの問題事例を取り上げ、再現ドラマとディスカッションを通して基本的な知識と考え方を学ぶ。
(2)「ヒーロー」(2013年、東映)
町内会の副会長を引き受けた主人公が、いじめや高齢者の孤立など、町内で起こるさまざまな問題に直面しながら、地域のつながりを再構築していくドラマ作品。
(3)「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」(2012年、東北関東大震災障害者救援本部)
未曾有の大災害に遭遇して、障害を持つ人々に何が起きたのか?福島県を中心に、被災した障害者とそこに関わる人々の証言をまとめたドキュメンタリー。
参加費
無料
定員
300名(事前予約制・先着順)
申し込み先
(公財)東京都人権啓発センター 普及情報課
電話: 03-3876-5372
ファックス: 03-3874-8346
Eメール: gyoji_h2601『アットマーク』tokyo-jinken.or.jp

(注1)ファックスまたはEメールでお申し込みの場合、件名に「映画会申し込み」と明記の上、お名前、ご連絡先(電話番号)、参加人数をご記入ください。

(注2)Eメールの場合は、『アットマーク』の部分を半角英数字の @ に変更して送信してください。

当センターでは上記のような方法でスパムメール対策をおこなっています。また、お送りいただいたEメールのウィルス感染等の理由により、お返事できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

申込締切
2014年6月6日(金)まで
ただし、申し込みが定員に達した場合は、その時点で締め切ります。
主催
公益財団法人 東京都人権啓発センター
共催
台東区
後援
東京人権啓発企業連絡会

講演と映画の集い

日時
6月27日(金) 14時00分から16時30分
無料・当日先着順受付(定員1000名)
会場
新宿区立新宿文化センター 大ホール (新宿区新宿6-14-1)
外部サイトへ移動します(注)会場へのアクセスはチラシ(PDF形式:594KB)をご覧ください。
講演
「CSRと人権」
講師
菱山謙二(ひしやまけんじ)氏(筑波大学名誉教授)
映画
「それぞれの立場 それぞれのきもち 職場のダイバーシティと人権」
問い合わせ
東京都 産業労働局 労働環境課
電話 03-5320-4649
主催
東京都、東京労働局、ハローワーク
共催
新宿区

このほか、ラジオ等による啓発、区市町村や経済団体への広報協力要請、啓発ポスターの掲出等を実施します。

このページの先頭に戻る