東京都人権啓発センター

ここから本文です

平成25年度「就職差別解消促進月間映画会」

以下の行事は終了いたしました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

東京都では、毎年6月を「就職差別解消促進月間」と定め、さまざまな取り組みをおこなっています。この映画会は月間事業の一環として開催いたします。多くの方々のご参加をお待ちしております。

イベントチラシ
おもて面(PDF形式:217KB)

イベントチラシ
うら面(PDF形式:277KB)

日時
平成25年6月4日(火)
13時30分から16時30分まで(13時00分開場)
会場
台東区生涯学習センター2階 ミレニアムホール
(〒111-8621 台東区西浅草3-25-16)
外部サイトへ移動します会場への案内図はここをクリックしてください。
上映作品
(1)「モップと箒(ほうき)」(2011年、フルーク映像)
知的障害者の雇用促進活動を行っている大阪のエル・チャレンジ。その活動を一年半にわたって追ったドキュメンタリー。
(2)「だれにでも開かれていますか? 公正な採用選考を求めて」(2012年、東映)
公正採用選考をテーマにしたドラマ作品。地元限定の採用方針をめぐり、公正な採用選考とは何かを担当者たちが考え、議論する。
(3)「ほんとの空」(2012年、東映)
地域で暮らす高齢者や障害者、外国人等への偏見に気づき、日常の行動に反映させることを訴えるドラマ。福島から避難してきた親子をめぐってストーリーが展開。
(4)「花子」(2001年、シグロ)[特別上映]
京都南郊に暮らす今村花子さんは知的障害がある22歳の女性。夕食の残り物を素材にした「たべものアート」を作り続けている。障害者とその家族の日常を描いた、故・佐藤真監督の名作ドキュメンタリー。
参加費
無料
定員等
300名(事前申し込み制・先着順)
お申し込み先
(公財)東京都人権啓発センター 普及情報課
電話: 03-3876-5372
ファックス: 03-3874-8346
Eメール: gyoji_h2501『アットマーク』tokyo-jinken.or.jp

(注1)ファックスまたはEメールでお申し込みの場合、件名に「映画会申し込み」と明記の上、お名前、ご連絡先(電話番号)、参加人数をご記入ください。

(注2)Eメールの場合は、『アットマーク』の部分を半角英数字の @ に変更して送信してください。

当センターでは上記のような方法でスパムメール対策をおこなっています。また、お送りいただいたEメールのウィルス感染等の理由により、お返事できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

主催
公益財団法人 東京都人権啓発センター
共催
台東区
後援
東京人権啓発企業連絡会

このページの先頭に戻る