東京都人権啓発センター

ここから本文です

平成22年度「就職差別解消促進月間映画会」

<過去におこなった行事のご紹介です>

東京都の就職差別解消促進月間事業の一環として、人権問題啓発映画会を開催します。多くの方々のご参加をお待ちしております。


チラシ (PDF形式:1.04MB)

日程
平成22年6月8日(火)
開場 13時30分
開演 14時00分(16時30分終了予定)
場所
台東区生涯学習センター2階 ミレニアムホール
(〒111-8621 台東区西浅草3-25-16)
地図はこちら(PDF形式:1.04MB)
上映作品
(1)「内定者からの手紙」(2009年作品・26分)
人事部に異動してきたばかりの紗子のもとに、内定者から一通の手紙が届く。公正な採用選考について考えるドラマ作品。
(2)「パワーハラスメントのない職場をめざして」(2009年作品・20分)
被害者本人のみならず、企業全体にも大きなダメージを与えるパワーハラスメント。従業員がいきいきと働くことができる職場づくりを考える作品。
(3)「ダリットに学ぶ部落の心」(2008年作品・36分)
国際NGOで働くこと坂東希さんが、カースト制度による差別が根深く残る南インド農村部で現地取材を敢行したドキュメンタリー作品。
(4)「ひとみ輝くとき」(2008年作品・35分)
誹謗中傷や現金を要求するメールに悩む拓也。次第に追い詰められ不登校に陥るが…。現代の子どもによる「いじめの構造」を描いたドラマ作品。
参加費
無料
定員
300名(事前予約制・先着順)
申込先
(財)東京都人権啓発センター 普及情報課
電話:03-3876-5372
ファックス:03-3874-8346
Eメール:info@tokyo-jinken.or.jp
(注)ファックスまたはEメールでお申し込みの場合、件名に「映画会申し込み」と明記の上、お名前、ご連絡先(電話番号)、参加人数をご記入ください。
申込期限
平成22年6月4日(金)まで
ただし、申し込みが定員に達した場合は、その時点で締め切ります。
主催
財団法人 東京都人権啓発センター
共催
東京都・台東区
後援
東京人権啓発企業連絡会

このページの先頭に戻る