東京都人権啓発センター

ここから本文です

平成21年度「就職差別解消促進月間映画会」を開催しました!

写真:受付
写真:会場

 東京都では毎年6月を「就職差別解消促進月間」と位置付けています。

 当センターでは平成21年6月8日に、就職差別解消促進月間人権問題啓発映画会を実施しました。地域や職場で就職差別を考えるきっかけとして、一般都民や企業の担当者等を対象に、新作の啓発映画を紹介しました。

 あいにくの雨天でお足下の悪い中、本当に多くの方々が会場にお越し下さいました。ご来場ありがとうございました。皆様と一緒に、就職差別について考えることができた映画会でした。

来場して下さった皆様からは、このような感想が寄せられました。

「普段から頭で分かっていても、なかなか行動にうつせないことがあった。今回の映画会をきっかけに、改めて困っている人に手を差し伸べなければならないと感じた」

「私たちも無意識のうちにやりかねない些細なことが、周りの人を傷つけてしまうということを改めて考えさせられた」

「採用される側や相手の立場で考えることを、今後の生活で思い出し、更に認識を深めようと思った」

 上映した作品は、(1)「公正採用選考のこころ」(2)「今日もよか天気たい」(3)「ホームタウン 朴英美(パク・ヨンミ)のまち」の3作品です。

 上映作品に関しては「いろいろな差別について考えさせられた」「単に啓発映画としてではなく、芸術性も高かった」「企業だけでなく広く、家庭や学校等でも見てほしいと感じた」等といった声が寄せられました。

上映作品チラシ

映画チラシ(公正採用選考) 映画チラシ(今日もよか天気たい)  映画チラシ(ホームタウン)

今回の映画会で上映した作品は、当センターのビデオライブラリで貸出しを行っています。地域や職場の研修等でご活用下さい。(外部サイトへ移動しますビデオライブラリ

次回映画会も多くのご来場をお待ちしております。

このページの先頭に戻る