東京都人権啓発センター

ここから本文です

平成12年度以前の人権啓発映画会作品

2000年12月上映

ファーストステップ

「青少年が様々な体験を通じて、人権について学習する姿を紹介し、人権学習への第一 歩を呼び掛けます。」

上映時間
27分
企画
東京都教育委員会
制作
毎日映画社

公平な採用って?<公正採用選考人権啓発推進員の役割>

「事業所における公正採用選考人権啓発推進員の役割等を紹介しながら、その活動を通 じて、公正な採用選考について考えていきます。」

上映時間
29分
企画
東京都労働経済局
制作
東映株式会社

旅立ちの夏

「高校生に係る就職差別を中心に、[ 人権の世紀 ]ともいうべき21世紀に向けて、あ らゆる差別の解消と人権の確立を呼びかけます。」

上映時間
49分
企画
香川県教育委員会
制作
東映株式会社

2000年2月上映

人権ってなあに 第1巻「あなたへのメッセージ」

画像:「あなたへのメッセージ」ビデオパッケージ

「落合恵子さんほか4人の著名人が、人権との出会い等について、インタビュー形式で 語ります」

上映時間
41分
企画
(社)神奈川人権センター
制作
(株)アズマックス

人権ってなあに 第2巻「ジェンダーフリー」

画像:「ジェンダーフリー」ビデオパッケージ

「セクシュアル・ハラスメント、ドメスティック・バイオレンス等について、若い人や 福島瑞穂弁護士等がインタビュー形式で語ります」

上映時間
25分
企画
(社)神奈川人権センター
制作
(株)アズマックス

風のひびき

画像:「風のひびき」ビデオパッケージ

「聴覚障害者の主人公が、様々な壁を体感しながらも、心のバリアフリーを信じて前向きに生きていく姿を描きます」

上映時間
54分
企画
法務省人権擁護局、(財)人権教育啓発推進センター
制作
東映株式会社
キャスト
西郷輝彦、仲谷昇ほか
監督
小山幹夫

1999年10月上映

「勇気への出発(たびだち)」

画像:「勇気への出発」ポスター

「差別は悪い」と思っていても、実際に差別に直面した時、隠れていた偏見や差別意識があらわになる人、その逆に問題の解決に努力する人など、人間の強さと弱さが浮き彫りにされます。この作品は、一企業の営業課係長を主人公に、同和問題や女性の立場、環境問題を背景に、職員それぞれが「言いたいことを言える」職場づくりを目指すまでが描かれています。

上映時間
52分
企画
滋賀県商工労働部
キャスト
黒沢年男、赤座美代子、江藤潤ほか
監督
梅津明治郎
制作
読売映画社

 この作品は、「人権セミナー」(東京都労働経済局商工振興部と当センターの共催、場所:芸術劇場)の中で、講演「今日における人権問題の現状と課題」(講師 宮崎繁樹氏)と併せて上映されました。

1999年5月上映

「あかね雲」

画像:あかね雲チラシ

「母であり部落出身の教師である一人の女性の悩み、苦しみ、そして心境の変化を通して、自らの生きる意味と、夫や子供達の心の揺れを丹念に描いたものです」

上映時間
53分
企画
大阪府・大阪市教育委員会
キャスト
西川峰子
監督
内沢 豊
制作
井之上企画

「街で生きる障害者と共に」

画像:「街で生きる障害者と共に」チラシ

「障害者に対する偏見や差別をなくし、共に生きる社会を築くために、障害者と直接ふれあい、様々な活動を続けるグループと人々を紹介します」

上映時間
30分
企画・制作
東映
監督
大熊照夫
協力
わらじの会、中部障害者解放センター、ユイの会

「風はみどりに」

画像:「風はみどりに」チラシ

「障害者と共に生きようとする小さなボランティアグループが、自分たちの心の中にある差別意識に気づき、それを解消していく姿を、さわやかに力強く描きます」

上映時間
50分
企画
埼玉県教育委員会
キャスト
川野太郎
監督
大原春宣
制作
毎日映画社

1999年3月上映

「こころの架け橋」

画像:「こころの架け橋」チラシ

「大自然を背景に、老練な山の作業員と、同じ森林組合で働く都会育ちの青年との交流 を中心に、彼らを取り巻く家族や周囲の人々の心模様を描いています。人と人とが理解し支え合い、ともに生きることの素晴らしさを訴えます」

上映時間
50分
企画
兵庫県・(財)兵庫県人権啓発協会
キャスト
下川辰平ほか
監督
大西 竹二郎
制作
東映

「男女差別をなくそう 〜男女雇用機会均等法〜」

画像:「男女差別をなくそう 〜男女雇用機会均等法〜」チラシ

「職場における女性ゆえの差別の具体的問題点を示すとともに、今年4月の男女雇用機会均等法の改正で提案されているポジティブ・アクション(積極的差別是正措置)など、その理念が分かりやすく解説されています」

上映時間
28分
企画・制作
東映

「心ひらくとき」

画像:「心ひらくとき」チラシ

「人権って何だろう・・・・。新聞記者であるこの物語の主人公は、その答えを探るべく、人が幸せになる権利という視点から人権問題の取材を進めます。主人公とともに見る人の心もひらいていくことをねらいとしています。」

上映時間
55分
企画
法務省人権擁護局、(財)人権教育啓発推進センター
キャスト
川上麻衣子ほか
監督
辻 理
制作
NTV映像センター

1998年10月上映

「雨あがり」

画像:「雨あがり」チラシ

金融破綻が相次ぐ中、銀行に勤める若者が同和問題に直面。上司の間違った考え方を正していく姿を通して、一人ひとりの人間を個人として尊重していくことの大切さを学びます。

上映時間
55分
出演
前田 吟ほか
監督
原田隆司
制作
共和教育映画社

「純がくれた命」

画像:「純がくれた命」チラシ

いじめに耐えかねて自殺を図った少年と、難病と闘う少年が病院で同室になった・・。 生命に対して全く違う二人の想いを通して、生きるということについて考えます。

上映時間
20分
出演
舟越圭祐ほか
監督
藤澤勇夫
制作
東映

「明日があるやん」

画像:「明日があるやん」チラシ

第5回演劇ストーリー優秀作品賞「明日があるやん!」をドラマ化。大阪の被差別部落に生まれた少年と、和歌山で陸上競技に打ち込む少女の出会いを描きます。

上映時間
53分
出演
沢田亜矢子ほか
監督
蔦林順望
制作
東映

このページの先頭に戻る