東京都人権啓発センター

ここから本文です

ポスターの作成・掲出

人権問題の普及啓発に役立てるため、ポスター(B1、B2、B3)を作成し、人権週間を中心に、都内の交通機関などに掲出しています。

2019年のポスター

ポスター画像:人は皆、法の前では、どのような場においても、一人の人間として 認められる。世界人権宣言第六条(アムネスティ・インターナショナル日本訳)
B2縦(一般配布用)

ポスター画像:わたしたちはみな、だれでも、どこでも、法律に守られて、人として生きることができます。世界人権宣言第六条(アムネスティ・インターナショナル日本/谷川俊太郎訳)
B2縦(学校配布用)

ポスター画像(横):ポスター画像:人は皆、法の前では、どのような場においても、一人の人間として 認められる。世界人権宣言第六条(アムネスティ・インターナショナル日本訳)
B3横(一般配布用)

ポスター画像(横):わたしたちはみな、だれでも、どこでも、法律に守られて、人として生きることができます。世界人権宣言第六条(アムネスティ・インターナショナル日本/谷川俊太郎訳)
B3横(学校配布用)

制作者より

『世界人権宣言 第六条』というテーマを分かりやすく伝えるモチーフとして、
「100人が描く100通りの似顔絵」を使用しました。

一人ひとりの個性を認めている世界こそ、『世界人権宣言』の目指すところではないかと考え、
スタッフの友人・知人など、男女年齢問わず総勢100人以上の方々に
自身の似顔絵を描いてもらい、それらをメインビジュアルにしています。

また、メインコピーのデザインも、人の温もりを感じてもらえるような筆の手書きにしています。

一つひとつの絵の違いが一人ひとりの個性の象徴であり、
それらを重んじることの尊さ、大切さをこのポスターを見た人に少しでも感じてもらえれば幸いです。

株式会社 東京アドデザイナース
アートディレクター 海津 典義(かいづ のりよし)
デザイナー 嶋崎 純子(しまざき じゅんこ)

ご希望の方にこのポスターをお分けします。詳しくは下記まで、電話、メールでお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み

このページの先頭に戻る